カードローン

総量規制対象外を意識したカードローン

カードローンを提供している金融業者はたくさんありますが、貸金業法の総量規制対象となっている業者では「年収の3分の1までしか借り入れできない」という規定になっています。これは、返済不能な貸し付けによる多重債務や自己破産を防止するのが目的で、消費者金融などに適用されています。
しかし、中には、年収の3分の1以上の借り入れが必要になるというケースもあるかもしれません。そういう場合は、総量規制と言われているものではない融資のカードローンを意識するとよいでしょう。
では、総量規制対象外となっている金融業者とはどこなのでしょうか?これは銀行です。銀行は総量規制対象外となっており、無職の専業主婦でも家族に安定収入があれば借り入れすることが可能です。借主の勤務先や収入の状況によって、総量規制で定められている以上の金額を融資してもらえるケースがあります。
また、複数のカードローンをひとつにまとめたいということもあるでしょう。その場合、借金総額が年収の3分の1を超えていると総量規制対象の業者は利用できません。しかし、総量規制対象外なら、総額が高額であってもおまとめローンを利用できる可能性があります。
さらに、借り入れ総額が高額になると、利息の負担も大きくなります。そういうときにも、金利を低めに設定している総量規制対象外の銀行であれば安心です。ですので、高額な融資を受けたいという場合には、総量規制対象以外の金融業者を意識してみるとよいでしょう。