カードローン

自営業者の借り入れの審査ポイントはどこ?

自営業者が借り入れをする場合、一般的なサラリーマンなどとは異なるポイントが審査のポイントになります。ではどういったところがポイントになるのかと言うと、まず自営業者ということで最重要のポイントになるのが利益の安定性です。
自営業ということは毎月の収入が変動するということであり、毎月の収入が変動するということは返済のプランが組みづらいということにつながります。この返済のプランが組みづらいということは借り入れ審査において極めて大きな悪影響であるため、自身の収入が安定的にあることを証明しなくてはなりません。具体的な証明としては納税証明書や確定申告書と言った書類であり、自営業者が借入を申し込んだ場合にはこれらの書類の提出が求められる可能性がありますから注意ししましょう。
次に借り入れ審査のポイントとなるのが、借り入れの目的が融資プランに適合しているかどうかです。現在一般的なキャッシングやカードローンのほとんどは「消費目的融資」に分類されます。これは消費活動、つまり普段の生活や趣味の品物の購入といったことに使用されることが前提となっており、事業資金に用いることはできない借り入れとして扱われています。従って「事業資金のためにキャッシングを契約したい」などのように伝えてしまうと、その時点で審査を通過できる可能性は皆無になるわけです。もし事業資金のための借り入れをするのであれば、ビジネスローンのように用途が適合しているものを選ぶようにしてください。
まとめると自営業者の借り入れの審査ポイントは収入の安定性と、融資プランが合っているかどうかですから、これらのことを事前にチェックして申し込むようにしましょう。